今日のお昼も糖質制限でヘルシー

今日のお昼もヘルシーなダイエットメニュー。お豆腐と、チーズとキムチと大根サラダで満腹!! あと、忘れずに味噌汁も飲んだけど味噌汁ってなんでこんなにホッコリするんだろう…日本が誇る和食の代表メニューだよね。

でも、流石に朝ごはんリンゴとヨーグルトだけだとお腹減るなぁ。健康的な生活を目指してから、だいぶ体調良くなってきたよ。食パンや菓子パンはもうしばらく食べてないし、パスタもラーメンも全然食べなくなって周りはみんなビックリしているけど、糖質制限がどれほど大事かっていうのは実践してみてようやくわかった。そんなの嘘だとか、信じないっていう人はぜひやってみてほしいですね。一週間糖質まみれの生活と、ガッチリ糖質制限をした場合とで全然身体のダルさや疲労具合が違うんだよね。いまや糖質が主食となってしまっているのが本当に恐ろしい。

我々のご先祖様、ずっと遡って原始人だってパンやパスタなんかは食べていなかったですよね。狩猟で得た高タンパクな食材が主食だったはずなのに、いまや糖質が主食の代表に。いつから世代交代してしまったのか…人間の人体はそこまで進化はしきれていないのです。

タカラヅカ・夢の世界へ私が通い続ける理由

2014年に100周年を迎えた、宝塚歌劇。その劇場へ足を運ぶのが、私の趣味です。

女性だけの出演者によるお芝居やショーは、まさに夢の世界。オーケストラによる生演奏、大階段などの豪華な舞台装置や照明も含め、何度観てもわくわくしてしまいます。

それはまず、美しい、楽しい、というシンプルな感情で、自分の心がいっぱいになるからです。また、お芝居では、悲劇でも喜劇でも、ストーリーや役にいつの間にか感情移入して、心が揺り動かされることがあります。

ショーでは、フレッシュなラインダンスに元気をもらったり、男役さんの燕尾服姿などにときめいたりと、スピーディーな展開のなかで様々な感情が溢れてきます。もちろん、出演者の歌やダンスの技術に圧倒されることも、しばしばです。

このような観劇をすることは、私にとって非常に良いリフレッシュになっています。

それは、ただの現実逃避ではありません。自分の心の奥に眠っていた経験の引き出しが、突然開くこともあります。

そのとき抱えていた問題の解決策が、ふと思いつくこともあります。きっと、心が動かされることにより、自分自身がフラットな状態でまた物事に向き合えるようになるからでしょう。

前向きに生きるためには、心の健康も大切です。だから、これからもたくさん劇場に行って、心を動かされてきたいと思います。

真っ白の歯って美しい!自分磨きの為に歯科医院でホワイトニング

歯の白さにいくらお金をかけることができるかという話で、友人と盛り上がりました。実は私は最近歯科医院でホワイトニングをしてもらったばかりです。独身で恋人がいないのでたっぷりとお金と時間があり、今は自分磨きが趣味になっています。

以前から歯が黄ばんでいるような気がして、歯磨きをするたびに気になっていました。芸能人の真っ白な歯を見るたびに、こんな真っ白な歯になったら美人に見えるかもしれないと思っていました。そこでホワイトニングについて調べてみたんです。

自宅ですることもできるようですが時間がかかりそうですし、私は面倒くさがり屋で不器用なので自分では上手にホワイトニングすることはできないかもしれないと思い、料金は高めですが歯科医院でプロにホワイトニングをしてもらうことにしました。

一度で歯が真っ白になるのかと思ったのですが、2~3回ぐらいは通わないと満足できる白さにならないことがわかりました。でも1回だけでもかなり歯の色が白くなりこれは期待できるなと思いました。

私の友人が歯を白くするためにそこまでお金をかけることはできないと以前言っていたのですが、私の真っ白になった歯を見て気持ちが変わったようです。歯を白くするってこんなに見た目が良くなるんだねと驚き、さっそく歯科医院へ行きホワイトニングをしてもらいにに行ってくるなんて言っていました。女性って歯が白いと絶対に得すると思うんです。これで積極的に恋愛できそうです。

私の趣味は、ミシンを使って手提げや巾着袋を作ることです

私は今、ミシンを使って、手提げや巾着袋を作ることにはまっています。始めたきっかけは、娘が幼稚園に入園する時に、用意するものリストに手提げや巾着袋があり、作って下さいと書いてあったからです。

それまでミシンは、中学生頃に授業でしか使ったことはなくほぼ初心者に近い状況でした。そのため、可愛いデザインの市販の手提げなどを買おうとしましたが、娘のために頑張って作ってみようと思ったことがきっかけです。

裁縫道具なども全く持っていなかったので、ミシンを買うところからスタートしました。電気屋さんに行ってミシンコーナーを見ても、どれが良いのか全く分からず、店員さんに初心者向けのミシンを教えてもらい購入しました。

使い方が分かるDVDもついており、そのDVDを見ながらミシンをセットして使い始めました。

初めは、使いこんでいらなくなった布で雑巾を縫って練習しました。そのおかげで、雑巾がたくさん出来ました。

だんだん慣れてきたら、キャラクターの書いてある可愛い布で、手提げや巾着袋を作りました。完成した物は、売り物のようにキレイではありませんが、娘の喜んだ姿がとても嬉しくて頑張って良かったと思いました。

それからは、旦那さんのお弁当袋も作りました。今後は、もっとキレイに市販の商品に負けないものを作れるようになりたいです。

3年で劣化するパンツを2枚買いました

ユニクロから出ている暖パンを買いました。風を通さないので、とても暖かいということで、ネイビーとグレーの2色を買ったのですが、受け取って履こうとして説明書を見たら、3年で劣化すると書いてありました。早くそれを知っていたら1つしか買わなかったと思うのですが、寒い日に歯医者に行くときにはそれを履いて行っています。どんどん使わないと劣化するので、もったいないと思うのです。確かに暖かくて、上からダウンコートを着れば無敵だというくらい暖かいのです。でも、3年しか使えないので、3年目にはどうなっているのだろうと思います。

ユニクロのヒートテックも3年するとそれほど暖かくなくなるということを聞いたので、3年が限界なのかな、と思います。使うと使わないに関係なく3年で劣化するということなので、その間はどんどん使ったほうがいいです。

でも、私はそれほど外出しないので、歯医者に行くときと時々マーケットに行くときくらいしか使わないので、もったいないな、と思いますし、家にいるときには履かないので、使う機会がぐっと少なくなります。

確認すればこんな失敗はなかったのに

時々自分でもすごく注意力が足りないなあと感じる時があるのですが、今日という日ほど自分が情けなく思ったことはありません。

友人が今すごくハマっている海外ドラマがあるというので、「気になる」と言ったら、今日わざわざDVDを持ってきてくれました。

家に上がってもらい、一緒に1巻を見てたら本当に面白くて時間が経つのがあっという間でした。

途中で私は友人に飲み物何が飲みたい?と聞いて、友人がダイエット中だから白湯でいいよと言ったのでカップに入れて出しました。

DVDも見終わり、二人ともカップが空になってたので片付けようと勢い良くカップを持ち上げた時のことです、私は中身が空だと思ってカップを斜めに持ち上げてしまったのです。

しかし友人のカップにはまだ中身が残っており、テーブルの上にこぼしてしまったのです。

運良くDVDはテーブルの横においていたので無事でしたが友人のジーンズにお湯(もうぬるくなってました)がかかってしまいました。

友人は「飲み残してた自分も悪い」と言ってくれましたが、何でちゃんと確認しなかったんだと本当に情けなくなりました。

普段色の付いた飲み物ばかり飲んでいると、中身がお湯だと勝手に空だと判断してしまうんだなあと反省したとともに、今後は気をつけようと思った出来事でした。

朝からテンションが下がった出来事

先日、階段で足を滑らせてお尻を打ってしまいました;

寝起きで何気なく階段を下りていて、足を出した時にスリッパの裏が滑る感触がしたので「あ、ヤバい!」と自分でも分かったんですが、時すでに遅しでした;

その時は「痛ぁ;」で済んでしまい、その日は1日外出の予定だったんで普通に出掛けて何事もなく過ごし、階段で滑ったことを忘れていました。

しかし夜になってお風呂で体を洗い、泡をシャワーで流しているとお尻に痛みが!

そこで「あ、そういえば朝こんなことがあったなぁ」と思い出しました。

思い出してからは座り方によっては痛みがでました。

幸いにも腰に近い部分なので座ると痛いというわけではないのですが、座椅子などで後ろによりかかるとちょっと違和感がありました。

「湿布貼っとけば?」と家族に言われたので、念の為貼って寝たのですが、寝返りを打つと布団の重みでちょっと痛かったです。

現在は初日に比べると治ったのですが、押したり体重がかかるとまだちょっと違和感があります。

今回の事の元凶であるスリッパは処分することにしました。

底がツルツルになっていたので、たしかに滑りそうでした。

みなさんも長年使ったスリッパにはお気を付け下さい。

洗濯物は部屋干しをしています

私はマンションの8階に住んでいるのですが、引っ越してくるときに、洗濯物の物干し竿を持ってくるのを忘れてしまって、ベランダで洗濯物を干すことができないのです。

それで、洗濯をしたら部屋干しをするのですが、柔軟剤を使っているからか、部屋干しの嫌な匂いがしなくて、どちらかというといい香りがするのです。

部屋は乾燥しているので、洗濯物を干すとちょうどいいくらいに湿度があって部屋の中に潤いができてなかなかいいです。折りたたみ式の洗濯物干しを部屋に置いてそこに靴下や下着などを干して、ハンガーにTシャツや部屋着などを干して、さんに引っ掛けて干しています。だいたい1日〜2日で完璧に乾燥しますので、その間だけ部屋に洗濯物が干されていますが、洗濯する頻度が1週間に1回くらいなので、あまり気になりません。

夏場はエアコンを除湿設定にしているので、乾きが早いのです。冬の間は空気自体が乾燥しているので、とてもいい感じで乾きます。乾いた衣類を保管する場所がなくて困ることがありますが、それ以外では困ることはほとんどないと言っていいです。

不幸・不満を他人に言う人はちょっと苦手

仕事では理不尽に叱られることもありますが、私はそれを人に行ったことはありません。しかし、私が苦手とする職場の人はそれをかなり言います。他の人たちの前でも言うので、なんだかもやもやします。

SNSでもそうなんですよね。自分は体調不良が続いて仕事を辞めることになったという報告があると、それに励ましのコメントが付きます。でも私は、そんなのあなただけじゃない、ととても意地悪なことを思ってしまいます。

自分の不幸を他人に言う言わないは自由ですが、少なくとも私はそれを聞いて良い気はしません。自分が不幸を言ってかまってもらいたいのかと言われれば、そうでもありません。どちらかというと強いふりをしていたい派です。

相手にそれを辞めさせることなんてもっての他なので、私はこのもやもやを回避する術を知りません。言われればなだめはしますが、本心では言わないでくれと思っています。こんな気持ちを持っているのは私だけなのでしょうか。他人と不幸の比べっこをしてしまっているのかもしれません。自分の性格を変える他にこの回避方法はないのかなと思います。

炊き込みご飯の素はどれもおいしい!

先日、いとこから荷物が届きました。よくお古をいただくんですよね。うちのような田舎と違って、オシャレな服が多くて助かっているんです。

衣類と一緒に入っていたのが、無印良品のレトルト食品でした。テレビなどでもよく見かけるので、気になっていたんです。私が普段外出する範囲内に実店舗はないので、凄く嬉しかったです。

頂いたのは、カレールーと炊き込みご飯の素。特に炊き込みご飯の素は、どれもおいしくて家族にも大好評でした。でも、カレーの方は人気なのは知っていますが、ちょっと口に合いませんでした。まあ、人それぞれ好みは違いますからね。

炊き込みご飯は、2合で炊くところ、うちでは3合で炊いています。若干味を薄くした方が、どんなおかずにも合わせやすい気がしています。二人家族なので、とても1度には食べきれません。おにぎりにして職場に持って行ったり、冷凍したりしています。

私が10年以上前に無印良品に行った時は、文房具のイメージが強くて、食品はほとんど扱っていなかった気がします。取り扱う商品数も、アイデア商品もどんどん増えているようなので、機会があればまた行ってみたいな~と思っています。