お世辞を言うか、正直に言うかを

日本人は、だいたいはっきり言わない、島国根性と言われます。

しかし、ズバリ本音を言われることでぐさりとくることもあれば、言ってもらったから良かった、だからわかったのだからと、

いうこともあります。

全国の色々な習慣や食べ物を紹介する番組でも、確かに自分の地元も食べ物をおいしくないなんて言われたら、うれしい人はいませんね。

反応を見ていると、何も言わずに食べているタレントさん、おいしいを連呼するタレントさん、正直に、ちょっと、これは、

う~ん、自分は苦手かな、というタレントさん、様々です。

地元のスーパーで、地元の食べ物にマイナスイメージをもたれた他府県の旅行者に出くわすと、そういえば、自分も旅行先で、

名物とされるものを一口食べて、あれ?中が何もない、それに噛み切れないわ、これ、と言ってしまったことを思い出します。

つい、口にでても、今になって申し訳ないと心でお詫びしています。

コメントは受け付けていません。