どうしてもかぶってしまう

この世の中、全くの新しいものというのは存在するのでしょうか。もちろん医療、テクノロジー、物理、化学などの分野では新しい技術が生み出され我々の生活をとても便利にしてくれています。ですが、芸術に関してはもはや完全なるオリジナルというものは無いように思います。

必ずどこかでインスパイアされているに違いありません。先日東京オリンピックのエンブレムが発表されましたが、このエンブレムがどうもベルギーやスペインのある団体のマークと酷似しており、法的措置も視野に入れているようです。これは日本だけではなく、次回開催のリオオリンピックのエンブレムでも同様の問題が起こっているようで、正直避けようがない問題だと思います。

たまたまオリンピックという大きな大会だからこそ発覚しただけであって、実際はいたるところでこのようにデザインの酷似という問題は起こっているのではないでしょうか。ベルギーとスペインではその対応に違いが出ており、ベルギーが法的措置をちらつかせている一方でスペインはむしろ光栄な事として問題視していません。私はスペインの対応こそ大人の対応だと思います。

コメントは受け付けていません。