リッチな高速バスに乗ってみました

これまでに高速バス(夜行バス)には何度も乗車してきました。安く移動できるうえ、寝ている間に目的地に着けるメリットはあるのですが、座席の幅が狭くて寝心地が悪いのが悩みでした。そこで少し運賃は高くなりますが、座席の大きなプレミアムなシートに乗ってみることにしました。ここではその体験記を書きたいと思います。

人気があるみたいで予約するのが困難でしたが、なんとかチケットをゲットしていざバスの中へ。通路を挟んで左右に1席ずつ配置されており、シートの大きさが実感できました。寝返りをうつことができるほどのゆとりある幅で、窮屈な思いをせずにノビノビと眠ることができました。また、少し多めにリクライニングをしても後部座席への影響が少ない配置なので、ベッドでの眠りに近い体制を取ることが可能でした。

アメニティグッズも豊富で、おしぼりや毛布まで付いていました。快適に移動ができたので、また機会があれば利用してみようと思います。