光目覚まし時計が生まれた経緯

光目覚まし時計が生まれた経緯ですが、目覚まし時計が生まれる前は人間は太陽の光を浴びて朝が来たということを体が自覚することにより起きていました。

時代が進み機械式の目覚まし時計が生まれたことにより太陽光を浴びて起きるという方法の優位性が失われたことにより、太陽の光を浴びて起きるということや夜におきなければならない職業など職業の多様化などもあいまって太陽光でおきるということはなくなっていきました。

では、何故太陽光を浴びる方式が見直されたかというと太陽光は人間の体内時計のリセットをする点、人間本来の太陽の光を浴びて目を覚ますという本能であるため近年では朝すっきりと目を覚ますことができるということで見直されています。

また、近年、LED技術の向上により非常に明るい電灯管が作られたため太陽光に近い光を再現できるということもあり、太陽の代わりになりえるものとして販売されているのが光目覚まし時計です。

光目覚ましはLEDを使用しています。LEDは強い光を出す物ほど太陽と同じ紫外線などを発生させるため太陽同じ効果が期待されるということもあり、光目覚ましに使用されています。明るいだけであれば蛍光灯でも同じなんですがLEDの光でなければいけない点はこの太陽と同じ様な光でないといけないという点があるためLEDが使用されています。

光目覚まし時計は他にタイマーで音が鳴る物がありますがこれについてはタイマーなどで別にセットすることで使用できる機能とされている物が多くあり、光で起きる人と音で起きる人などということで利用するためであるとされます。

光目覚ましは光は強いのですが人間一人にしか使用できず、2人いる場合どちらかが音で起きなくてはいけなくなります。

これはLEDの特性で光は強いが直進性がなく、遠くまで光が届かないという性質があります。ハロゲン電球やHID電球と比べると光の直進性が低いので人間一人、しかも至近距離でなければ光の効果が無いということもあり、タイマー機能が二つ装備されており、従来の音の目覚まし時計の機能が搭載されている者であるとされます。

いずれにしろ、太陽光の光を再現できるように時代がなったため生まれたのが光目覚まし時計であり、lEDの技術向上により、太陽のように明るい光で目が覚める目覚ましが生まれたということになります。