アラサーにおける新たな出会いは結婚が前提

20代までは気軽に男女の交際をしていた私ですが、アラサーともなるとお付き合いする人選びには慎重になりました。
これは私だけではなく、多くのアラサー女性に共通している考えだと思います。
結婚と出産を想定している女性にとっては、年齢の壁を考えざるを得ないのが現実だからです。一般的に、高齢出産と呼ばれる35歳は一つの区切りです。出産のリスク増加や産まれてくる我が子の健康、そして実際に育てていく自身の体力の問題。それらの情報は多くの女性の間で周知しているものであり、できるならば35歳までに出産をしたいと望む声も耳にします。
つまり、アラサーで新たに出会う男性に対しては、必然的に結婚を意識した見方になるのです。「経済的に安定しているか」「子育てに協力的か」様々な視点で相手を分析する必要があります。もちろん人柄に惹かれて付き合うことも大切ですが、これから長い期間にわたり多くの苦難を共に乗り越えていける相手がベストです。特に昨今では、共働き家庭が主流になっています。そのため家事・育児おいて男女平等に負担を担うという考えを持った男性が好まれます。
アラサーでの新たな出会い・お付き合いは結婚に直結しやすいため、たとえ焦る気持ちがあったとしても、今後の自分の人生を左右するパートナー選びは慎重に行うべきだと思います。