人手が足らない時の応援要請

私の家が工務店の仕事をしていて、ずっと忙しくないので建設組合の応援者募集の枠に自分の名前を載せてみました。
応援者募集というのは、助け合いという意味で仕事がほしい人が載せ、仕事が忙しくて人手が欲しい人がそこの枠をみて、仕事が欲しい人にお願いをするという仕組みです。
去年の台風被害のおかげで最近まで忙しくやっていました。
すると1軒の工務店から応援要請があり、「人手がないんだろな」と思っている矢先に、また違う所から応援要請がありました。
なんでこんなにかかってくるのだろうとふと考えてみると、応援者募集の欄に記入欄があり、募集に登録した人の中では若かったということと、専門的なことは出来ないので手伝いという形なら何でもしますという欄に〇を書いたせいかなと思いました。
今の所、他にも連絡が来て、計3か所から連絡がありました。
自分の会社だけでなく違う会社も見れるということで、楽しく仕事をさせてもらってます。