魚料理のあれこれについて

魚と肉、どちらが好きですか。
私は中年になってしまったこともあり、魚の方が最近は好きです。
どうしてかというと、魚はたくさん種類があって、調理法も多様だからです。
肉は牛肉、豚肉、鶏肉のいずれかですからね。
魚は、季節によって旬というものがあります。
季節に合わせた魚を食べることで、日本の四季を味わうという風流なこともできます。
さて、魚料理ですが、はじめに思いつくのは、焼き魚という方が多いのではと思います。
秋の焼きサンマは、格別のうまさです。
あらかじめ塩を少々サンマにつけておき、火力の強いグリルで焼く。
熱々を大根おろししょう油で頂く。
ささやかなぜいたくです。
ところで、魚料理には煮つけもあります。
サバの味噌煮が代表例です。
おふくろの味と形容していいでしょう。
料理に慣れていない方は、魚の煮つけなんて無理と思われるかもしれません。
しかし、計量カップを用意することとうろこや内臓の下処理をしっかり行えば、お店の味には及びませんがおいしくいただけます。
試してみるのもいいと思います。