今の婚活、昔の時代のわたし

私は既婚であり、婚活という
結婚にたいする活動をいまはしてませんが、
結婚をしたいと思ったときの20代前半くらいにはやはり自分から動かないとだめなんだなと
おもいました。
そういう意味で今の時代はネットも発達してますし、婚活を主体的にスマートに悲壮感なく
できるのではないのかな?とおもいます。
昔は親が焦ると周りのお節介おばさんがご縁談を持ち込んで着たり、
上司が釣り書き持ってきたりと
それなりに話は舞い込んできましたが、
どこかにつながりのあるお話だと
相手が気に入らないとき(お互いになのですが)
お断りをしにくいという雰囲気がありました。

でも今ならそうでもないのかな?
お見合いイコール結婚できないなにかがあるイコール欠陥品
みたいなマイナスなイメージってないきがします。
どんどん自分から明るく発信していっていいとおもいますよ。
25歳過ぎたら売れ残り みたいな感じもなくて
結婚も30までに!というじだいですしね。
女性もバリバリ働きますしね!
そういえば婚活という言葉自体昔はなかったなあ~
主体性が出てきたからこういう言葉がうまれたんでしょうね!

ちなみにわたしは職場結婚でした。
いまも職場結婚ておおいのでしょうかね?
たまにどうやってであったのかを聞かれたりもしますが
同じ職場で。。。っていうのはいまとなってはちょっと恥ずかしいなって思うときもあります。
見栄はるとこではないですがね!

コメントは受け付けていません。