恵比寿で税理士を探している方へ

恵比寿にも多くの恵比寿 税理士事務所があります。しかし、やみくもに近所だからとなどと安易な理由で、お願いする税理士事務所を決めてしまうことは止めましょう。税理士業務はグレーゾーンが非常に大きく、そこをうまく判断できるノウハウをもった税理士事務所にお願いすることで、かなりの金額を節税することが可能になってきます。しかし、多額の税金を節税できるだけもいけません。有名人が脱税したというニュースがよく出ますが、これは有名人が悪いだけではありません。真面目に税理士事務所の指導通りに行動し、確定申告をして納税している方でも、税理士事務所の指導の仕方が悪ければ、脱税で捕まってしまう危険性も数多くあるのです。

税理士事務所を選ぶポイントは大変難しいのですが、長年税理士事務所を営み、十分な経験がある評判の良い税理士事務所を選ぶべきです。もし、脱税で捕まるのであれば確定申告から5年ほどで明るみになります。

時効が5年だからです。10年も20年もたくさんの顧客と取引をしているのに、脱税などのトラブルがなかった税理士事務所であれば、非常に安心です。税務署を退職後に税理士事務所を開業されている方もいますが、このような方も税金のグレーゾーンについては、大変詳しいはずですので、このような方が開業した税理士事務所を選ぶのも1つです。

税理士事務所が優秀なことも大切ですが、お願いする側も確定申告をするのであれば、脱税などのトラブルで困らないよう準備しておくことが大切です。

まず、経費となる書類は必ずなくさないよう5年間保存しましょう。もし、経費と分かる書類がなかったとしても家計簿を正しく作成しているのであれば、そこにきちんと記入しておくことで代わりとなりますので、家計簿の作成も怠らないようにしましょう。

税務署からの調査のお願いはいつ来るかはわかりません。どのように、調査対象を選んでいるかも税務署の内部で決められますので、外部には分からないものです。いつ税務署から調査がきたとしても、税務署が納得できる証拠を準備しておきましょう。脱税の場合、遡及して納税する義務がありますし、通常納税する金額に利子がつきますので、かなりの金額が必要になります。

そのようなことにならないよう税理士事務所を慎重に選び、書類をきちんと保管しておきましょう。

 

コメントは受け付けていません。