B型肝炎は決して他人事とはいえない病気

B型肝炎ウィルスの感染者は日本国内で100万人以上に上ると言われており、決して珍しい病気ではありません。

さらに世界に目を向けると感染者は3億人を越えると推定されており、十分に注意を払わなければならない身近な病気であるといえるでしょう。

そんなB型肝炎ウィルスの感染は、血液を通して発生します。

最も多い感染経路はいわゆる母子感染で、B型肝炎ウィルスを持った母親から生まれた子どもが、同じようにウィルスを保持しているというケースが一般的です。

それ以外の感染経路として例が多いのは、性行為による感染です。

性行為によって感染が発生した場合の最大の問題点は、「本人が感染に気づかないことが多い」という点になります。

感染に気づかなければ、もちろん対策の施しようもありません。

たとえばそのまま複数の人との性行為に及んだ場合、さらに感染者が増えてしまうといった大きなリスクがあるわけです。

先ほども述べましたように、B型肝炎という病気は決して他人事ととらえていいような稀な病気ではありません。

B型肝炎ウィルスに感染しているかどうかは血液検査によって調べることが可能ですので、時間があるとき一度医師に相談してみるのがベターな選択でしょう。

さらにごく稀なケースではありますが、子供のころに受けた集団予防接種が原因となって、B型肝炎ウィルスに感染してしまっている場合もあります。

そのケースではすでに国が責任を認めており、給付金の支給も行われています。

しかし給付金を受け取るためには、まずB型肝炎訴訟を行わなくてはなりません。

なぜ訴訟が必要になるのかというと、それはB型肝炎ウィルスに感染した経路が、子供のころに受けた集団予防接種によるものであると認められなければならないからです。

もちろん自分だけの力で訴訟を起こすことも可能ですが、よほどの知識を持っている人でない限り、それはあまり現実的だとはいえません。

ですから、もしもB型肝炎訴訟を起こそうと考えているのであれば、やはり弁護士に相談するのが最も確実な方法だといえるでしょう。
⇒参考:http://bkan-bengoshi.jp/

その場合当然のことながら依頼の費用がかかるわけですが、B型肝炎訴訟においては弁護士費用の一部を国が負担するという措置もとられていますので、まずは相談だけでもしてみることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。