ボロファッションが世界で流行中です

昔は考えられなかったものですが、最近はダメージデニムなど、ユーズド加工された服が目につくようになりました。ユーズド加工されたものは、一つ一つ手作業で加工されるので、かなり値段が高いのです。

私は先日ユニクロでダメージデニムを買いましたが、履いてみると本当にボロというような感じで、普通だったらそこまで使ったら新しいデニムを買ってもいいでしょう、というようなものなのです。ホームレスの人でも着ていないようなダメージで、すごいな、と感心してしまっていますが、それがファッションなのです。ボロファッションという言葉は、海外でも通用するようになって、ボロ、という言葉が他国ではないということで、日本語がそのまま使われるようになっているのです。デニムに穴が空いていても気になりませんが、セーターに虫食いの穴が空いていたらすごく気になります。どっちがどうなのかわかりませんが、ボロファッションは手作業で作られたものだけがファッションで、虫食いは恥ずかしいことになっているのだと思います。ボロファッションはカッコ良く着こなすことです。

コメントは受け付けていません。