復讐代行で相手が困るような仕返しをする方法

復讐代行は別れた男などに本人に変わって復讐をするサービスですが、業者によってシステムが異なっているので自分に合ったメニューが用意されている業者を探すことから始めます。

男性に振られることはよくあることですが、二股をかけられたあげく捨てられたり、男性のせいで婚期を逃してしまったりすると恨みもひとしおになります。

恨みがあっても失恋したからと言って慰謝料はもらえないので、泣き寝入りをするしか方法はありません。

しかし現在では復讐代行というサービスがインターネットを中心に展開されていて、仕事を依頼すると様々な方法で対象者にプレッシャーを与えることができます。

簡単に依頼できるものは迷惑メールを送ったり、無言電話をするというものがあります。これらは費用が安いので気軽に頼むことができます。

実際に業務が遂行されたかどうかを知ることが難しいのですが、海外のサーバーなどを利用して行われるので、自分を苦しめた対象者に対してある日突然大量の迷惑メールが送られてきて、仕事どころではなくなります。

また無言電話は四六時中、家の電話が鳴り続けるので精神的にも肉体的にもかなりのダメージになります。無言電話をするだけなのですが、この電話に対応するために慌てふためく対象者を想像すれば気持ちが満たされていきます。

本格的な業務としては社会的な地位を低下させるための工作があります。主なものとしては女性関係を暴露する情報を社内に流したり、取引先に対して信用を低下させる情報を流すことなどがあります。

また妻子がいる場合は、家族関係を破綻させるために不倫関係などを本妻や子供に暴露することで家の中での居場所をなくすことができます。

会社と家庭に居場所がなくなってしまうと頼るべきものがなくなるので、依頼者のもとに別れた男が戻ってくる可能性もあります。

対象者が依頼者のもとに戻ってきた場合でも復讐代行業者は情報を漏洩することはないので安心して交際を始めることができます。

複雑な工作を要する業務の場合は期間が長引く場合には100万円以上かかる場合があります。金額に関しては事前の面接などで詳しい説明を受けることができるので、自分が支払える範囲の仕事を依頼することができます。

コメントは受け付けていません。