不倫もひとつの恋愛のカタチである

運命の出会いを求めていて、好きになった相手がたまたま既婚者だったというパターンはよくあります。

独身や既婚という立場を気にして恋愛に発展しないようにするのが、一般的な常識ルールではありますが、それでも気持ちを抑えることができないことがあります。

関係が深まるといわゆる「不倫」になるのですが、世の中にはこのような恋愛関係を続けている人達が大勢います。

禁断の恋という名のもとで、誰にもバレないように密会する日々が続くと、予想以上に恋心に火がついて気持ちをコントロールするのが難しくなります。

完全に自分だけのものになってくれない相手を想うと、普通の恋愛よりも不倫のほうが心を揺さぶりやすくなるので、大人の関係としてルールを守れる相手でなければ長続きしない関係といえます。

逆に割り切った大人の感覚を持っている者同士であれば、お互いの立場を守りながら程良いお付き合いができるのです。

モラルに反していると言われるとそこまでですが、誰にも迷惑をかけずに密かな2人だけの時間をもつことが大罪だとも言い切れません。

既婚でも独身でも異性を惹きつける魅力をもっている人はモテるものです。

結婚後に恋愛をしてはいけないという法律があるわけでもないし、恋をするという人間であればごく普通の感情を無理やり抑え込むというのも疑問です。

不倫を全肯定するわけではありませんが、例え好きになった相手との間に壁があったとしても、それも含めて好きでいられるのが本物の愛情です。

本気で愛することが出来たなら、不倫といってもひとつの恋愛のカタチであるといっても良いと思います。

コメントは受け付けていません。