やり返すことで自分を納得させるための復讐代行業者への依頼

やられたままになるというのが惨めなだけであり、とてもやりきれない思いになりますが、ぎゃふんといわせるようなことができれば爽快だし、報われた、これで納得ができるという風になるに違いありません。そのやられたままになるという状況というのはいろいろなケースがありますが、それは職場での上司に嫌がらせを散々されて、失敗の責任転嫁をされ、最後には首にさせられてしまったとか、夫婦生活が上手くいっていたのに、旦那が愛人を作り、そっちのほうにいってしまった、という略奪愛など、どう考えても自分の落ち度ではないのに、どうして自分がこんな目に遭わなければいけないのか、という気持ちかもしれません。

ですがこうした状況は自分の力だけではどうなるものでもない、でもとてもじゃないがやりきれない状況なのです。そんな時に頼りたいのが復讐代行業者であり、別れさせ屋と呼ばれることもあります。

こうした業者は自分ではできないことを自分に代わって行ってくれるのであり、いわばぎゃふんといわせることをしてくれるのです。職場の上司への仕返しということでは復讐工作を綿密に計算して細かい作戦でそのターゲットをじわじわと追い込んでいき、しまいにはその上司はとっても恥ずかしい仕方でその会社を去るということになるかもしれません。

また略奪愛をした夫との不倫相手の女性に対して、そんなことが許されるわけがないという仕打ちを復讐代行業者は考えてくれます。それはあまりに恐ろしく、やがてはその不倫関係の略奪愛はとても痛い形で終焉となるでしょう。復讐代行というのは、特別劇的なことをするわけではなく、日常生活で起こりそうな事を本人たちの身のまわりで経験させることで追い詰めていくというものであり、じわじわと不安を煽るようにして攻めていくこともあります。

そのようにして復讐代行業者にわなに引っかかっていくターゲットはどうしようもないところまで追い詰められていくのですが、そうした悲惨なことは、依頼者が関係しているということが決してわからないようになされていきますので、一度依頼を出せば、後は嬉しい結果を数ヶ月後に聞くのを待つということになります。多くの人たちが工作に加わりますので費用が高いのですが、確かにやり返すことができたという満足感を味わうことでしょう。

コメントは受け付けていません。