キャッシングで借りたお金が戻ってくる!?過払い金返還請求について

クレジットカードでも消費者金融でも、キャッシング機能を使ってキャッシングしている人の中で、返済金がまだ残っている方は、一体いつになればこの借金返済が終わるのだろうと思っている方も多いでしょう。

実はあなたのその残債は過払い金返還請求をすれば、借金がなくなるばかりか、より大きなお金が戻ってくる可能性すらあるのです。過払い金無料計算で計算してみましょう。

過払い金とは、簡単に言えば、グレーゾーン金利と呼ばれる金利で貸し付けていた金融業者がその金利で貸しつけてはいけないという法律が決まり、金利が下がりました。となると、元の金利で借りていた人は不利になります。そこで近年、グレーゾーン金利でキャッシングをしていた人が現在の金利との差額を取り戻す請求を始めたのです。これが過払い金返還請求と呼ばれるものです。払い過ぎた利息分のお金を取り戻す手続きのことですね。

過払い金返還請求を行うには、おもに弁護士に頼むのが一般的ですが、気をつけなければならないことがあります。それは「時効」です。借金を完済した人であれば、完済後10年経ってしまうと時効となり、その業者に過払い金返還請求を起こすことができなくなりますので注意しておいてください。

また、時間に関係することですが、借入先の業者が倒産したケースでは過払い金そのものが戻ってこないこともありますので、返還請求をしようと思っている方は早めに行うことをおすすめします。

弁護士に手続きを頼むとどれくらいの金額がかかるのか心配している人もいるでしょう。良心的な弁護士事務所ならば、相談やいくらぐらい過払い金があるのかを調べるのは無料で行っていることが多いです。着手金もそれほど高くなく、請求した額の5%から8%、成功報酬は取り戻した額の10%から20%という金額ですから、このぐらいの金額が一般的な価格だと思っておいてください。

最も大事なのは「借金をした時期」です。2006年(平成18年)より前に借金をしていて、10年ぐらいずっと借金をしていたというような人は、過払い金返還請求をするとお金が戻る確率が高いと言われています。その頃はまだキャッシングの金利が高かった頃ですので、その時期にキャッシングをしていならば、現在、返済中であっても一度、調べてみることをおすすめします。

借金がなくなるばかりか、運が良ければそれ以上に戻ってくるお金が出るかもしれないので、もしかしたら…と思ったら調べてもらいましょう。

コメントは受け付けていません。