テレビを見るにはアンテナが必須!アンテナ工事のイロハ

テレビを持っていても、アンテナがなければ電波を受信することは出来ません。

地上波の場合、室内に簡単に取り付けられる小型のアンテナが市販されていますが、一部の電波の強い地域以外では上手く受信できないことが多いです。

BS・CSの場合は、宇宙から衛星を使って電波を送信しているので、基本的に日本中どこでも安定して受信できますが、角度や向きの調整がシビアです。また障害物があると受信感度が落ちるので、必然的に高いところへの設置が必要なことが多く、素人が一人で設置するには危険を伴います。

やはり、業者にアンテナ工事(参考:www.adexcelafrica.com/)を依頼するのが確実で安心です。

アンテナ工事を請け負う業者は全国各地に数多くあります。業者やアンテナの種類により価格は様々です。

BS・CSアンテナの場合は、ベランダや手すりに設置する場合よりも、屋根上に設置するケースの方が、難易度が高い分料金も高くなります。

なお、受電が弱い場合に使用するブースター工事や、複数の部屋・機器で受信するために必要な分配器の設置などは別料金としているところが多いようです。

ある程度知識がある方なら、アンテナの設置は業者に任せ、内部の配線は自分でやっても良いかもしれませんね。

また、新規にBS・CSアンテナを立てて有料放送に加入する予定なら、有料放送事業者が工事を請け負っている場合もありますので、チェックしましょう。

コメントは受け付けていません。