お金のかからないバストアップの方法

バストは男性から見ると大きさは好みがありますが、女性からするとやはり小さいよりはCカップ

以上はあった方が自信がつくものだと思います。

異性に対してのアピールだけでなく、ファッション的にも格好良く見えるからです。

大き過ぎるのは太って見えたり、逆に服装に悩んでしまうこともあるようなので、ファッショナブルか

どうかと言う点では、大きさは羨ましくは見えるのですがちょっと残念なところかもしれません。

特にハリのあるバストは憧れです。

今回はバストアップ、ハリアップの方法をご紹介したいと思います。

女性の皮膚は薄く柔らかいので、脂肪があちこちに流れていってしまう傾向にあります。

バストは大胸筋という筋肉の上に脂肪がのっている為、脂肪をバストに集めてあげるのです。

腹部、背中、ワキ、二の腕などから手の届く範囲でも良いので、10回くらいずつバストに集めるように

していきます。

この時、ボディミルクのようなものを使用すると滑りが良くなってお肌に負担を少なくできます。

ブラジャーを着ける時は、少し会釈するくらいにお辞儀をして、バストをカップにはめます。

背中のホックを留めた両手をそのままブラジャーと背中の間を滑らせるように脇を通ってカップまで

動かしてきます。

これで背中と脇の脂肪をバストに持ってくることができるわけです。

そして、次はカップの中にバストの下の部分(お腹)の脂肪もカップを抑えながら入れるようにします。

このように着けるだけで、カップに脂肪が集められてバストのボリュームが全然変わります。

日中はちょっと面倒かもしれませんが、動いている間にカップから脂肪は出て行ってしまうので、

トイレなどに行った際にもブラジャーの中に脇やお腹の脂肪をカップの中に寄せてあげるように習慣に

してみてください。

谷間ができた自分の胸は、ちょっと嬉しい気持ちにしてくれます。

そして、姿勢も大切です。

日本人は猫背のように背中を丸めがちにしている人が多いですが、ここは大げさなくらいに胸を

張るようにしてみます。

コツは、まずは骨盤を立てるようにして、腰を反らせ気味にします。日本人の場合は結構反らせても

良いと思います。そして肩甲骨を寄せるようにすると、綺麗な姿勢になると思います。

バストからのデコルテも美しく見えますし、前からだけでなく後ろ姿も背筋を伸ばして姿勢を良くする事で

背中が小さく見えてくびれも見えやすくなります。

ぜひ試してみてください。

コメントは受け付けていません。