パニック障害の代表的な症状とは

パニック障害は20~30代女性といった若い層を中心に起こる疾患のことです。

症状は突発的な息苦しさや動悸、吐き気やめまい、発汗、耳鳴りなどが突然やってくるようになります。

症状はまずパニック発作が突然出るようになり、じわじわと10分程度をかけて発作がやってきて、その後20~30分程度続きますが、その間中動悸やめまい、発汗、吐き気などが襲ってきて、このまま私は死んでしまうのでは?という恐怖心と不安感を感じるようになります。

一旦パニック発作を経験したことで、またあの発作が突然やってくるのではないかという、強い不安感を感じ常に恐怖心を抱くようになります。

そのうちひとりで電車やバスに乗ることができなくなり、人ごみに出かけるだけで恐怖心を感じ、やがては外出もままならないようになり、社会生活を営むのが困難になっていきます。

症状が現れ始めた場合、すぐに精神科にかかる必要がありますので、お近くの精神科を予約してから来院しましょう。

コメントは受け付けていません。