抗生剤の副作用はきついですね

私の祖母が先日から体調を崩して病院に通っていました。

色々検査をした結果、膀胱炎と診断されて抗生剤のお薬を飲むことになりましたが、1回飲んだだけで副作用がきつくて、吐き気と目眩で寝込んでしまいました。

とても続けて飲めそうにもないので薬を変えて貰うことになったのですが、また次も副作用がきついのではと心配でなかなか飲めないみたいです。

実は、私も20代の頃に膀胱炎と診断されて抗生剤が処方されたのですが、ひどい吐き気と目眩で飲むのを断念しました。

祖母と全く同じで別の抗生剤を飲むのも怖かったので、「ちょれいとう」という漢方薬を購入し飲んで治しました。

漢方薬は私には副作用がなく安心して飲み続けることが出来ました。

抗生剤は副作用が強いので吐き気やふらつき等色々と副作用の体験を人から聞きます。

飲まないと治らないと思って無理して飲んでしまいそうですが、時間はかかっても漢方薬等でも治療することが出来るのであまりにきつい副作用が出た時はセカンドオピニオンも大切だと思いました。

祖母もまた副作用があれば、漢方薬等を試してみるように薦めてみるつもりでいます。

体質にあった治療が望ましいと思いました。

コメントは受け付けていません。