使わなくなった英語教材を買取りしてもらいました

受験の時に一生懸命、英語を学んでいました。しかし、受験が終わった時にはその教材が不要になってしまいました。例えば英単語帳や参考書、そしてリスニング用のCDなどを使わなくなったのです。使わないまま押し入れにそれらをしまっておいても勿体無いと思ったのでリサイクルショップへ持って行って買取をしてもらいました。

受験用の参考書は意欲的に買取をしているように感じました。そして私はいくばくかのお金を手に入れることができたのです。一緒に受験を戦ってきた教材を売ってしまうのは勿体無いと思ったのですが、しばらく勉強を休みたいと思ったので売ることにしました。

英語の参考書には詳しく書いてある者と、講義形式で語りかけてくるものがあります。私の場合は前者を使用していました。そして前者のほうが受験においては人気がある用で、買取価格は高かったです。

ただ後で友人のこの話をしたところリサイクルショップでなくて、専門業者に持っていた方が高く売れたんじゃないなかと言われました。

確かに考えてみればそうですね。リサイクルショップだと専門知識がないのでたぶんかなり買い叩かれますが、英語教材を専門にしている買取業者であればしっかりした販路も持っているはずなので、高価買取が期待できることが多いみたいですね。

そもそも英語教材は買うときがある程度の価格するものがばかりなので、あまり買い叩かれるとすごく損してしまいます。

もし次回英語教材買取をお願いするのであれば専門業者に頼みたいと思いました。ちなみに探すときは英語教材買取サイトのブログなどもチェックしておくとお店の雰囲気も分かっていいみたいですね。

コメントは受け付けていません。